顔の産毛を永久脱毛なんて怖くてできない

顔の産毛を永久脱毛なんて怖くてできない

あなたは腕や脚、脇下など永久脱毛をしたことがありますか?

 

それなら、どういった手順で、痛みがあってなどだいだいわかりますよね。あれを顔の産毛(口周り、あご)でやろうとするのはお金があればできますか?

 

恐らく自分で処理するよりは(電気シェーバー、毛抜き)、永久脱毛にもなりますし、一度きれいにしてしまえば後は楽ですよね。
でも、顔の産毛が顔のお肌にとって重要な役割をしてくれているのは知っていましたか?

 

まずは、顔の上を覆う産毛は、薄いベールのように空気中の異物や、紫外線などの外的要素から守ってくれています。

 

それをむりやり全部とってしまったら、毛根に何も残らない状態(永久脱毛)をしたとしたら、顔は肌を守ろうとします。つまり、皮脂を分泌し始めることがあるそうなんです。

 

これはあまり良い例ではありませんが、髪の毛のない男性の頭がぴかぴかに光っているのは、あれは本来あるべき毛の毛穴から皮脂が出ているからですよね。
あんな風に顔の皮膚も、産毛がなくなったら、皮脂を分泌始める可能性もあります。

 

だから、永久脱毛は怖いというのもありますが、体に必要な毛を奪ってしまう行為になりますので、なるべくなら避けたほうがいいかもしれませんね。それでも、顔の永久脱毛を考える人は、普通の人が思う産毛よりももっと濃い、ひげと間違えられるような毛が生えてきている可能性がありますよ。

 

原因はホルモンバランスの崩れによる女性ホルモン減と男性ホルモンが優位になるということだと考えられます。それならば、まずは私生活を女性ホルモンがたくさん出るような生活に変えてあげてください。

 

それでも、どうしても定期的な電気シェーバーによる剃りやちょっとした毛抜きで対処できない顔の産毛(もしくは)ひげは、永久脱毛するしかないのでしょうね。その場合、医療脱毛とエステサロンとふたつあります。

 

どちらも永久脱毛ですが、医療脱毛はちゃんと医師免許のある医師が毛根をなくして永久脱毛となるような施術をしてくれます。一方で、エステサロンの脱毛は、エステティシャンがいれば、レーザーを照射して毛根をなくす施術をしてくれます。

 

いずれにせよ、永久脱毛ですが、医師免許を持った人のいる医療脱毛の方が少しお値段は高いですが、どうせお金を払うなら少々高い方が後日のリスクを考えると安心です。

 

でも医療脱毛やエステの永久脱毛・・・それって怖くないですか?後日何かあったら?

 

万が一まだそこまでは深刻でない、産毛剃りをしながらも、抑毛ローションやクリームを使いながら改善できるかもしれないという場合は、生活面で改善するのも一つの方法です。

 

まずは、女性ホルモンを積極席に摂取してください。ザクロ、イソフラボンなど。そしてアロマ精油を使って、でぐっすり眠り、好きなことをしてストレス発散する時間をなるべく作ってください。軽い運動などでストレス発散をしても良いかもしれませんね。

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?